【自由になるためのノウハウ】複業で収入源を増やさなければならない5つの理由

自由に生きていくためには、必ずお金が必要になります。

1つの事業を極めて思いっきり稼ぐ!

ということも大切な要素ですが、その事業が永久に存続するかというと何も保証はありません。

いつまでもその収入が定期的に入ってくるとは誰も保証はしてくれません。

終身雇用の時代は終わり、事業悪化から早期退職を募る大手企業も増えています。

1つの事業で年収1,000万プレイヤーになることも大切ですが、今の時代、自由になるためには少しリスクがあります。

複業でリスク分散をして、かつ、安定的に収入を得ることによって自由になることができます。

自由になるために!

複業で収入源を増やさなければならない5つの理由をご紹介します。

終身雇用の時代は終わりを告げている

冒頭の通り、終身雇用の時代は終わりを告げています。

いつまでも会社にいれると思っていては大間違い。

自分でも経験していることなので、これは間違いないでしょう。

自分は大学卒業後、大手企業に就職しました。

誰もが知っている名の通った企業。

内定をもらった時は将来の安定を確信していました。

が。

その年度の決算で大赤字が判明。

就職後は事業が縮小傾向。

不安を覚えて、転職しました。

自分が転職後に早期退職募集が始まりました。

転職先も大手企業でしたが、こちらも担当していた事業が経営悪化。

当然のごとく早期退職募集が始まりました。

大手企業であっても必ずしも「将来安泰」ではないことを悟りました。

エンジニアの職を捨て、大学へ転職しました。

大学が安定しているかというと、そこはクエスチョンです。

複業で収入源を増やせば、終身雇用の崩壊にも対応できます。

リスク分散

収入源を増やす目的の1つがリスク分散。

「終身雇用を守っていくのが難しい局面に入ってきた」

というトヨタ自動車の豊田章男社長の発言が記憶に新しいですね。

その発言のとおり、終身雇用が崩壊しつつある時代です。

「大手企業に就職すれば、定年まで人生安泰」

「企業に就職して上司に媚を売れば、定年まで人生安泰」

みたいな時代はもう終わりを告げています。

いつどうなるかはもうわからない。

なんなら明日どうなっているかがわからない。

そんな時代です。

1つのところにすがっていては、自由は勝ち取れないのです。

だからこそ、リスク分散が必要です。

複数の事業で収入を安定化させると強いですね。

万が一、1つの事業がうまく行かなくなったとしても、それ以外の収入でまかなう。

その間に新たな事業を立ち上げる。

収益の柱を複数持っておくと時代の変化にも対応できて安定します。

1つでは収入が頭打ちになる

1つの事業で稼ぎきる!

1つの事を極めることは理想ですが、成功できるのはごく一部の限られた人だけ。

なかなか理想通りにはいきません。

起業すれば別ですが、一般的なサラリーマンだと給料の頭打ちがあります。

一般企業のサラリーマンで年収1億円を稼ぐのは難しいと思います。

自分がいま平社員だったとして、

係長⇒課長⇒部長・・・

と役職が上がったとしても、将来は見えています。

サラリーマンであれば給料の頭打ちは避けて通れません。

でも、例えば、サラリーマンで年収500万だとしても、

  • アフィリエイトで年収200万円
  • 株で年収100万円

の収入があれば、トータルで年収800万になります。

複業で収入源が増えれば増えるほど、年収を上げることは可能なのです。

たとえ、1つの収入が月1万円しか稼げなくても、それが10個あれば月10万円です。

収入源が増えれば増えるほど、安定するので自由に近づきます。

知識が広がる

複業することは自分の知識の幅を広げることにつながります。

当然何も知らない状態では、収益化することは難しいです。

例えば本業がエンジニアだったとして、技術は卓越したものをもっているとします。

そのエンジニアがアフィリエイトを始めることによって、ライティング技術を身につけることができます。

そのエンジニアが株を始めることによって世界の金融情勢を理解することができます。

エンジニアが経営であったり人に伝える技術

1つのことを極めるスペシャリストを目指すのも良いですが、いろんなことに精通できるジェネラリストは今後重宝されると思います。

まとめ

自分らしく自由に生きるためにはお金が必要です。

今の時代、安定的に収入を得るためには、やはり複業がおすすめ。

理由としては、

  • 終身雇用制度の終わり
  • リスク分散
  • 収入が頭打ち
  • 知識が増える

の4つ。

今の会社がいつ潰れるかわからないし、いつサイトが飛ぶかわからないし、いつ株価が急落するかわかりません。

特にこれから会社を背負っていく30代~40代の世代は俯瞰してしっかりと将来を見据える必要があります。

自由に生きていくために必要なお金をしっかりと確保するために、今のうちから複業に取り組みましょう。

最新情報をチェックしよう!