【書評】33歳からのリーダーのルールを読んだ感想と目指すべき心得

小倉広さん著

「33歳からのリーダーのルール」

を読んでみました。

小倉さんの著書で似たようなタイトルで

「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」

がありますが、内容は別物。

「33歳からのリーダーのルール」は「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」のシリーズ本になります。

「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」は33歳という年齢で遭遇するであろう出来事に対応する100個のルールが書かれています。

本記事で書評する「33歳からのリーダーのルール」はタイトルの通り、リーダーの立場に特化した内容。

「33歳からのリーダーのルール」を読んだ感想は、

「心がスーッと楽になった!」

って感じ。

仕事でリーダーを任されたとき

部下との接し方に悩んだとき

リーダーとしてのチーム作りに悩んだとき

に是非おすすめしたい本です。

ネタバレはしませんが、読んだ感想をレビューします。

33歳からのリーダーのルールを読んだ感想

「33歳からのリーダーのルール」を読んだ感想は冒頭のとおり。

「心がスーッと楽になった!」

この一言につきます。

リーダーとしてのあるべき心構えについて学びを得ました。

前作の「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」と同様、小倉広さんのこれまでのリーダーでの失敗談や経験談をもとに、これからやるべき100個のルールが書かれています。

  • リーダーとしての役割
  • リーダーとしてのマインド

などリーダーの立場でのふるまいが学べる本です。

読み進めると自分の立場と重なる部分が多く出てきてきます。

自分のことを言われているような感じで、

「ヤバイ、直さなきゃ!」

と思ったり、

自分のことを共感くれるような感じで、

「悩んでいるのは自分だけじゃなかったんだ!」

と思ったり。

リーダーのポジションにおける「あるある」が詰まっています。

輝かしい経歴をもつ小倉さんでさえ、これまでに数多くの失敗を積み重ねてきたんだと。

自分と似たような境遇を経験されていたんだと。

そう思うと、心がスーッと楽になり、明日からやるべき行動が見えてきます。

33歳からのリーダーのルールを読んで

頼りがいのあるヤツになろうぜ!

リーダーになってチーム作りに悩む方に是非手に取ってみてほしい本です。

「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」との違い

前作の「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」

今作は「33歳からのリーダーのルール」

タイトルが似てるので、買ったときは

「あーーーーーっ、同じ本買っちゃった!」

と思ったほど。

でも、内容は似ているようで同じではありません。

「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール」は、33歳という年齢で遭遇するであろう「自分」「家族」「仕事」の悩みに対応する100個のルールが男性目線で書かれています。

そう、男性目線で。

そりゃそうだよね、小倉さんは男性だから。

当然、女性が読んでも大丈夫な内容ではありますが、男性のほうが共感を得られる部分は多いかも。

その点、「33歳からのリーダーのルール」はリーダー目線で書かれています。

そりゃそうだよね、リーダーのルールだから。

主に仕事でリーダーを任された立場にある人にグッと刺さる100個のルールが書かれています。

20代であろうが、

40代であろうが、

男であろうが、

女であろうが、

そんなことは無問題!

リーダーという立場にある人であれば、老若男女問わず心にグッとくる本です。

まとめ

小倉広さん著

「33歳からのリーダーのルール」

を読んでみました。

この本を読むことで、

  • リーダーとしての心構え
  • リーダーとしてやるべきこと

のヒントが得られます。

リーダーは孤独だなと感じることが多いですが、そういう立場なんです。

リーダーに立つためには自己犠牲も必要なんです。

チームを統括するためには多角的視点が必要なんです。

失敗しても大丈夫。

悩まなくても大丈夫。

大活躍している先人たちも失敗を繰り返しています。

33歳のリーダーのルールを読むおすすめの人は

仕事でリーダーを任された悩める子羊さん

そんな方に「33歳のリーダーのルール」は心を奪われるはずです。

「何だか自分に当てはまりそう」

って思った方は是非読んでみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!