【書評】ストレスゼロの生き方@テストステロン著の内容と感想をまとめ

ストレスゼロの生き方~心が軽くなる100の習慣~

を読んでみました。

著者はTwitterフォロワー100万人以上を誇るTestosterone(テストステロン)さん。

Twitter界では超有名な方ですね。

かくゆう自分もフォロワーのひとり。

Testosteroneさんのツイートには共感を覚えるし、勇気や自身を与えてくれます。

職場でイヤなことがあり、ストレスフルの状態でフラッと立ち寄った本屋でTestosteroneさんの著書が目にとまりました。

つらいなら逃げろ。無理すんな

というデカい文字。

そりゃ即購入ですよ。

心が軽くなる100個のメッセージが書かれていますが、一発目から心がスーッと軽くなりました。

100個目を読み終えた頃には心がふわっふわのかるっ軽の状態。

そして、あらためて自分を大切にしなきゃなと思いました。

ストレスゼロの生き方~心が軽くなる100の習慣~

の感想を口コミレビューします。

口調がいい

まず、この本の何がいいか。

というかTestosteroneさんの何がいいか。

というと、それは「口調」です。

全てにおいてズバっと言いきってくれるところが心にストレートに刺さります。

冒頭の言葉を例にすると、一般的な本だと

「つらいなら逃げましょう。無理はしないように」

ってくらいになると思いますが、

「つらいなら逃げろ。無理すんな」

って言われるとド直球で心にきます。

こんな口調で100個のメッセージを言われると迷いが一瞬で吹き飛びますね。

こんなところが惹かれるポイントかなと思います。

100個全て言い切り。

もう信じてついていきますよ!Testosteroneさん!

って感じです。

自分を大切にしよう

1冊読み終えての感想は、

もっと自分を大切にしよう

と思いました。

他人を優先したり、我慢したり。

何だかんだ、自分を犠牲にして生きている方も多いと思います。

睡眠を削って、健康を削って。

でも、自分を守れるのは自分しかいない。

そう、教えてくれました。

自分が自分を守れなくて、家族や他人を守ることはできない。

そんな当たり前のことだけど、なかなかできない。

自分のカラダの限界が来る前に。

しっかりと体を休めなきゃね。

ストレスが増えるとあれこれ考えちゃって睡眠不足になりがちだけど、ここは思い切って寝ちゃう。

Teststeroneさんいわく、

栄養のある食事をとって筋トレして8時間寝る。

これだけで回復するそう。

でも、実践するとホントに回復します。

ま、自分は筋トレじゃなくランニングだけど(笑)

ストレスがたまったときは、

思いっきり運動して

美味しいもの食べて

速攻寝ようぜ!

ストレスを感じたら、まずは自分の体をしっかりと労わってあげようと思いました。

きっと8時間寝たら頭ん中もスッキリしてポジティブ思考になれるはず。

手の届くところに置いておきたい本

きっとこの本を手に取る人は自分と似たような人が多いんじゃないかと思います。

自分よりも他人を優先しがちな人
あれこれ深く考えがちな人
責任感の強い人

など。

上記に一つでも当てはまる場合、ストレスを感じやすい人かなと思います。

そんな方に、

「ストレスゼロの生き方~心が軽くなる100の習慣~」

はおすすめです。

ストレスを感じたら、手に取りたい本。

少し悩んだときに、読みたい本。

元気がなくなった時に、元気をもらえる本。

かなと思います。

この本を読むと悩んでるのが何だかアホくさくなっちゃいます。

涙する夜に

イヤなことがあってため息ついた日に

手の届くところに常に置いておきたい本です。

まとめ

Twitterで超有名なTeststeroneさんの著書

ストレスゼロの生き方~心が軽くなる100の習慣~

の感想をまとめてみました。

現代のストレス社会を生き抜いていくためには、できるだけストレスを減らす必要があります。

そのストレスって自分のマインドでコントロールできることを知りました。

考え方次第でストレスを軽減できます。

そのためには、まず健全な心と体が必要。

栄養のある食事をとり、運動をして、しっかりと睡眠をとる。

これでOK。

まずは自分が健康でなきゃね。

時には我慢したり、譲ったりすることもありますが、まず自分を大切に。

そう思いました。

  • 自分と同じ働き世代の方
  • 最近ちょっと疲れてるなと感じた方
  • この記事に共感を得られた方

は是非読んでみてほしい本です。

最新情報をチェックしよう!