綺和美KIWABI白髪染めヘアカラートリートメントの使い方と口コミ

綺和美(KIWABI)の白髪染めヘアカラートリートメントを使ってみました。

30代後半にさしかかってからパラパラと白髪が出始めました。

実はというと

年とってガッツリ白髪が増えたら潔くグレイヘアーだ!

と思っている自分。

チャラい頃、いや若い頃は、ばりばりカラーリングしていましたが、

やっぱり自然体が一番だぜ!

と思う今日この頃。

とはいうものの、数年たっても白髪はパラパラの状態。

若さを維持できてて喜んでいいものか(笑)

うーん。

白髪ケアするほどの量でもないけど、白髪は、まぁあるね・・・。

って感じ。

ここ数年、何だかとっても中途半端。

もしかしたら、見ようによっては汚らしいのか?

と思い立ち、人生初の白髪染めをやってみました。

綺和美(KIWABI)の白髪染めヘアカラートリートメントの使い方と実際に使ってみた感想を口コミレビューします。

頭皮の刺激感や染まり具合はどう??

綺和美(KIWABI)を選んだ理由

冒頭のとおり、将来的にはグレイヘアにしようと目論んでいる自分。

調べると頭全体の30%~40%ほどが白髪になったらグレイヘアへの移行期だとか。

そして、グレイヘアが似合うダンディマンになるためには髪質や毛量が必要なんだそう。

髪が活き活きとしていないと、かっこいいグレイへアにはならないんだって。

思えば自分はまだ白髪3%くらい。

消費税率にも満たない完全な未熟者でした・・・。

若僧が偉そうなことを言ってスミマセン。

ということで、疎らな白髪を染めてみようと。

でも、刺激のある頭皮に悪いものは使いたくないぜ!

そこで選んだのが

綺和美(KIWABI)の白髪染めヘアカラートリートメント。

ロサンゼルスで活躍するマスターカラーリストKAZUMIさんが監修した白髪染めトリートメント。

エ?KAZUMIサン?

そう、KAZUMIさんは多くのセレブリティからも絶大な支持を受ける世界的カラーリスト。

超大物です。

ヘアカラーに精通した大物さん監修で、かつ「無添加」+ 「天然植物エキス」で頭皮に優しい商品。

それが、綺和美(KIWABI)です。

カラーリングや白髪染めなどしたくない理由は頭皮へのダメージがあるから。

綺和美(KIWABI)は頭皮に優しい「無添加」でかつ天然植物エキス配合だから選びました。

綺和美(KIWABI)には、

カラーリングブラシ

白髪染めトリートメント

の2種類あります。

カラーリングはその日その日のカラーリング。

白髪染めトリートメントはマニュキアタイプの白髪染めで10日から2週間くらい持ちます。

今回は白髪染めトリートメントタイプを使用しましたので口コミレビューします。



綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントの使い方

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントを実際に使ってみました。

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントの使い方は2通りあります。

A.シャンプーついでに染めたい派

お風呂のシャンプーついでにサクッと染めたい方はこちら。

①シャンプー後にタオルドライで水分をとる

②塗れた髪の白髪部分に綺和美(KIWABI)を塗って10分待ち

③ぬるま湯で洗い流し、ドライヤーで乾かす

B.じっくり染めたい派

白髪と向き合い、じっくりと染めたい方はこちら。

①ブラッシングで髪の毛の汚れ・ほこりを取り除く

②乾いた髪の白髪部分に綺和美(KIWABI)を塗って30分待ち

③ぬるま湯で洗い流し、ドライヤーで乾かす

どちらも3ステップです。

塗った後の待ち時間に違いがあります。

毎日忙しい!という方は「A」になりますが、せっかく染めるならじっくり染める「B」のほうがおすすめです。

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントの染め具合はどう?

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントの染まり具合はどう?

ということで、実際に使ってみましたのでレビューします。

しっかり染めてみよう!

ということで、前述の「B」の使い方を実践してみました。

▼染める前の白髪部分はこんな感じ。

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントには専用ブラシがついています。

ちなみに、手袋はついていません。

ブラシだけでも十分カラーリングできますが、少なからず手にはつきます。

でも、水(お湯)洗いでスッと洗い落とせます。

気になる方はビニール手袋なんてあればもう完璧でしょう。

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントのブラックはこんな色。

ナチュラルなブラックです。

白髪染め特有のツンとしたニオイはありません。

これを白髪部分にムラなく塗ります。

まんべんなく塗ったら30分ほど放置します。

特に液だれすることはありません。

30分放置したらぬるま湯で洗い流します。

洗い残しがあないようにしっかりと洗い流しましょう。

浴槽が真っ黒に汚れることはありません。

洗い流したらタオルドライ後にドライヤーで乾かします。

染め上がりはこんな感じ。

染め上がりは上々!

イイ感じにナチュラルブラックに仕上がっています。

髪のパサつきはありません。

っていうか、逆に髪が滑らかになったような感じ!

無添加ってホントすごいんですね。

敏感肌の持ち主ですが、頭皮のヒリヒリなど刺激感は全くありません!

ただ・・・

初めての白髪染めということもあり、少し染め漏れがありました(汗)

ま、これは完全に個人の技術の問題。

でも、これはこれでいいんですよ。

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントはマニュキアタイプなので、洗髪毎に少しずつ色落ちしていきます。

なので、継続して使っていくもの。

継続的に使用することで、キレイに染まっていくと思います。

短時間で髪を傷めず簡単に染めれるという点では超Goodです。

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントをおすすめする人

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントはどんな人がおすすめ?

それは、

自分のタイミングで染めたい方

ナチュラルに染めたい方

髪や頭皮に優しいものを使いたい方

です。

自宅で簡単に染められるので、白髪が気になったタイミングで染められます。

ガツンと色が変わるわけではないので、ナチュラルに染められます。

さらに、無添加で白髪染めしながら髪をいたわることができるので、髪を大事にしたい方におすすめです。

自分のように将来グレイヘアを考えている人にもおすすめ。

グレイヘアを目指すには髪のハリ・コシは必須。

美容院でのカラーリングは結構強い薬剤を使いますからね。

綺和美(KIWABI)は、髪を育てながら白髪染めができる点がいいなと思います。

まとめ

綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントを使ってみました。

白髪染めは人生初。

頭皮の刺激感も全くなく、部屋や浴槽が汚れることもなく、髪が痛むこともなく、自然な感じで染めることができました。

自然にナチュラルに。

白髪は疎ら感の時が一番悩ましいです。

  • 染めるのか
  • 染めないのか

坊主や短髪なら疎らの白髪のままでも良さそうですが、ミディアム以上になると若干汚らしい感が出てきます。

白髪がちょっと気になるなと思ったとき

グレイヘアまでの移行期

のワンポイントに綺和美(KIWABI)白髪染めヘアカラートリートメントはおすすめかなと思います。

最新情報をチェックしよう!