サンビーチ日光川に行ってきた!駐車場やプールの込み具合を口コミ!

愛知県名古屋市にあるサンビーチ日光川へ行ってきました。

サンビーチ日光川といえば、名古屋のワイキキビーチ。

常夏のリゾート地気分を満喫できるスポットです。

夏休みに子どもを連れてサンビーチ日光川に行ってきました。

駐車場やプールの込み具合、プール情報を詳しくレポートします。

サンビーチ日光川へGo

サンビーチ日光川の開園期間は毎年7月上旬から9月上旬までの約2ヶ月間。

(夏以外の期間は何に使われているんでしょうね・・・)

行ったのは7月下旬。

夏休みに入ったので、平日に有休をとって子どもを連れて行ってきました。

梅雨明けで天気は快晴。

絶好のプール日和でした。

ちなみに、天気が悪い日(落雷の可能性がある日)だと遊泳中断になることもあるそうです。

この時期、大気の状態が不安定の為
雷雲接近による遊泳中断が発生しております。
雷雲が消滅し安全確保ができるまでは遊泳再開ができません。
1時間以上遊泳中断になることも多々あります。
※遊泳中断による入場料金の返金は一切できませんのでご了承願います。

「サンビーチ日光川」公式サイトより

天気が微妙な日は思い切って避けた方が無難です。

サンビーチ日光川の駐車場の込み具合

プールの営業時間は日にちによって異なります。

ちなみに2019年の営業時間は下記の通り。

7月6日~7月12日午前10時開園 午後5時30分閉園
7月13日~9月1日午前9時開園 午後6時閉園
9月7日~9月8日午前9時開園 午後5時30分閉園

いずれの日も開園30分前から駐車場入場可能です。

特に、土・日・お盆の時期は大変込み合うそうです。

当初は朝一番で出発する予定でしたが、なんだかんだ準備していて10時に出発。

サンビーチ日光川近くに「イオンモール名古屋茶屋」があるので、そこで昼ごはんや飲み物、お菓子の買い出しができます。

ちょうど12時頃、サンビーチ日光川へ到着。

平日でも夏休み期間中だから込んでるかな?

と思いきや、並ばずすんなり入場できました。

駐車場は入口付近はすでにいっぱい。

少し離れたところであれば、まだまだ空きはありました。

平日なら駐車場が一杯では入れないということはなさそうです。

サンビーチ日光川の料金

サンビーチ日光川の料金は

大人1,500円

子ども(中学生以下)700円です。

チケットは自動販売機で購入します。

自動販売機は2つあり、特に並ぶということはありません。

チケットを購入して入場します。

サンビーチ日光川の更衣室

サンビーチ日光川には更衣室が完備されています。

エアコンが効いているので着替えはかなり快適です。

100円リターン式のロッカーです。

ロッカー数も多いので余裕があります。

ドライヤーも完備されています。

サンビーチ日光川のプール

水着に着替えたら、真っ先にプールに飛び込みたいですが、まずやることは休憩時の場所の確保。

テントを張ったり敷き物をひいたりします。

この場所取りがかなり肝心。

木陰や屋根のある場所は人気ですぐ埋まってしまいます。

真夏の直射日光はかなり刺激的。

快適な場所を取りたいなら早めに入場することがおすすめです。

サンビーチ日光川のプールは、

  • 幼児用のキッドプール
  • ビーチプール
  • ウェーブプール

の3つがあります。

キッドプールは浅いので幼児さんでも楽しく遊べます。

小学生でも充分に遊べます。

ウェーブプールは40cmもの波が出ます。

大人でも浮き輪があったほうがおすすめ。

浮き輪があると2倍楽しめます。

さらさらの砂浜

子どもが大喜びなのが、サンビーチ日光川にあるさらさらの砂浜。

これがホントにサラッサラなんです。

大人もちょいテンション上がります。

ついつい子どもと山を作ってトンネルを作ってしまいます(笑)

でも、サラサラゆえにすぐ崩れてしまいますが。。

それでも何度も作っちゃうくらいハマっちゃいます。

圧巻のウォータースライダー

サンビーチ日光川にはウォータースライダーがあります。

大小2つのスライダーに浮き輪での渓流下りがあります。

渓流下りは1人乗りと2人乗りがあります。

2人乗りは子ども同士でも乗れますよ。

渓流下りは結構激しめ。

スリリングですが爽快です。

サンビーチ日光川の売店

サンビーチ日光川にはレストランや売店があります。

焼きそばやフランクフルトなど軽食が用意されています。

値段もリーズナブルなので、利用するのも良いと思います。

まとめ

サンビーチ日光川は名古屋にあるリゾート地風のプール施設。

各種プールもさることながら、砂浜やスライダーがあり全然飽きません。

1日中いれます。

大人も南国気分を味わいながら、のんびりすることができるので十分楽しめます。

普段の生活から抜け出せるので、仕事が忙しいサラリーマンの息抜きにも最適です。

平日であれば、込んで並ぶということはなくストレスなく楽しめます。

行けることなら

  • 土曜日
  • 日曜日
  • お盆

を避けて行くことをおすすめします。

どうしても平日に行けない場合は、

  • 朝一番で行く
  • お昼過ぎに行く

など、繁忙時間をずらしていくと、すんなり入れることもあるようです。

子どもの思い出作りに!

サンビーチ日光川は、とてもおすすめプールです。

最新情報をチェックしよう!