リネットジャパンはなぜ無料?その理由を詳しく解説します

リネットジャパンってなぜ無料なの?

という疑問を解決します。

リネットジャパンのビジネスモデルを知れば、なぜ無料なのかを理解することができます。

リネットジャパンのビジネスモデルをザックリ説明すると、

パソコンや小型家電には、鉄やアルミなど貴重な金属(レアメタル)が多く含まれている。

日本にとってレアメタルはとても貴重でリサイクル可能な有用資源。

その貴重な資源を再利用して資源の有効利用を図る。

不適正処理による環境汚染を防止する。

という感じです。

つまり、リネットジャパンはリサイクル事業を通じて社会貢献する会社です。

そして、環境省・経済産業省(要するに国)から唯一認定されている上場企業。

当然、有料で事業をやった方が利益は出るのですが、回収率が下がってしまう懸念があります。

お金がかかるなら廃棄はやめとこ・・・

みたいな人は必ずいます。

なので、リネットジャパンは無料で回収をしているのです。

そして、自治体と連携を強化することで近年回収率をグッと上げています。

このあたりを知ると、なぜ無料かがわかるし、決して悪徳業者ではないということも理解できると思います。

ということで、もし不要パソコンや小型家電があるならリネットジャパンを利用して部屋をスッキリさせましょう。



Sponsored Link

リネットジャパンの評判を調べてみた

リネットジャパンの評判を調べてみると、

リネットジャパンって安全?
リネットジャパンって怪しい?

なんて声がチラホラ出てきます。

それは何故か?

理由は簡単。

無料というキーワードがあるから。

「無料ほど怖いものはない」

ってのが、きっと頭の片隅にあるのでしょう。

では、なぜリネットジャパンがパソコンを無料回収するのか。

利益はどこから出ているのか。

リネットジャパンのビジネスモデルを理解すれば少しは安心・安全だと思えるでしょう。

決してリネットジャパンの回し者ではありませんが、リネットジャパンの経営に興味があってリネットジャパンのビジネスモデルを調べてみましたので、ご参考になれば幸いです。

リネットジャパンのビジネスモデル

リネットジャパンのビジネスモデルはパソコンに含まれる再利用できる資源にあります。

パソコンの基板などの主要部品には、金・銀・銅などのレアメタル(希少金属)が含まれています。

中でもパソコンは小型家電よりもレアメタルが多く含まれています。

パソコン1台からは少しのレアメタルしか取れませんが、不要パソコンをたくさん集めることができれば一定量のレアメタルが確保できるのです。

このレアメタルが資源となり再販価値を持ちます。

リネットジャパンはレアメタルを資源として扱うことで利益を出しているのです。

実際のところ、今も家に眠ったままのパソコンってたくさんあるんですって。

個人情報漏洩の心配や廃棄処分がめんどくさいというのが主な理由。

まぁ、たしかにめんどくさいもんね。

不要になったパソコンを積極的に回収して資源を再利用しているのです。

なので、

回収品目にパソコンが1台以上あれば1箱無料回収するよ!

ということにつながるワケです。

安全ということで言えば、小型家電リサイクルの認定業者は全国にいくつかありますが、リネットジャパンだけが国の認定を受けています。

そこらの無料回収業者とは違って国のお墨付きがあるわけですね。

さらに、回収率を上げるために多くの自治体と連携を強化しています。

全国の自治体と連携することで資源を再利用するという社会貢献事業を行っている会社なのです。

リネットジャパンは中古本・中古家電販売の「ブックオフコーポレーション」の起業家支援制度として創業した会社でもあります。

リネットジャパンの黒田社長は元トヨタ自動車社員。

ちょこっと安心感は増したのではないでしょうか。

関連記事

長年愛用したパソコンをリネットジャパンを利用して処分してみました。 この記事ではパソコン無料回収業者「リネットジャパン」の利用手順についてまとめています。 ブログを更新するのに大活躍のパソコン。 Windows9[…]

まとめ

リネットジャパンはなぜ無料なの?

という疑問をまとめました。

リネットジャパンはパソコンをはじめ小型家電リサイクルに取り組んでいる会社。

リネットジャパンは唯一国の認可を受けたリサイクル業者。

レアメタルの再利用を通じて環境保全に取り組む優良企業です。

自治体と連携して回収率を上げることで無料回収を行っているのです。

ということで、もし不要パソコンや小型家電があるならリネットジャパンを利用して部屋をスッキリさせましょう。

部屋がスッキリ片付くと作業効率がグッと上がりますよ。

さぁ!断捨離!断捨離!



Sponsored Link
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!