朝ラン・昼ラン・夜ランどれがおすすめ?メリット・デメリットをまとめ

「朝ラン」と「夜ラン」どっちがいい?

という議論がよく交わされます。

が、

よく考えてみれば「昼」も存在する!

ということで

「朝ラン」「昼ラン」「夜ラン」のメリット・デメリットをまとめてみました。

結論から申し上げると、どれがイイというのはありません。笑

自分のスタイルにあったランが1番イイということ。

メリット・デメリットを参考に自分のランニングスタイルを確立しましょう!

朝ラン

朝ランは朝1番のランニング。

爽やかな朝のランニングはとても気持ちいいもの。

ただし、起きた早々はカラダがランニングモードになっていません。

血圧が低くて体温も低めです。

さらに、寝てる時にかいた汗で水分不足状態。

寝起きですぐ走るのはカラダによくありません。

起きたらまず水分補給をしましょう。

朝食は軽めのもので済ませます。

バナナやヨーグルトなどがおすすめ。

ウイダーインゼリーみたいな栄養補助ゼリー飲料が手軽にエネルギーチャージできてイイですね。

また、走る前には入念に準備運動をしましょう。

メリット

  • 朝1番は爽快で気持ちいい!
  • 朝は静かで清々しい!
  • 朝から活動的な一日が送れる!

デメリット

  • カラダを走るモードにするのに時間を要する
  • 出勤前で時間に追われることがある。

昼ラン

昼ランは当然のごとく、お昼にランニングすること。

「平日仕事だけど?」

と思われることでしょう。

平日仕事の場合は昼休み時間に走ることになります。

昼ランのメリットは活動的な日中に動けること。

日中は気温が高いので、寒い冬でも心地よく走ることができます。

ケガのリスクも低いと言えます。

ただし、勤務体系にもよりますが、時間の確保がなかなか難しいです。

軽いジョギングや短時間ランニング程度になります。

ただ、昼ランした後は、眠気が吹っ飛び仕事に集中できます。

走った後に昼食を摂ることで摂取カロリーを抑えることができます。

メリット

  • 昼間の眠気を吹き飛ばせる!
  • 昼食の摂取カロリーを抑えられる!

デメリット

  • 長時間確保できない
  • 軽いジョギング程度しか走れない
  • 走ってる姿を見られる

夜ラン

仕事終わりの夜ラン。

1日の仕事を終えてからのランニングなので、マイペースで走ることができます。

時間によってペース配分を変えたり、距離を伸ばしたりすることも可能です。

夕飯後に走るなら食後2〜3時間あけて走りましょう。

注意点としては、夜は車や自転車からランナーが見えにくくなります。

ランニングウェアやシューズなど身に付けるアイテムは視認性の高いものにしましょう。

最近ではウェアやキャップにリフレクター付きのものが多く販売されています。

オシャレなランニングアイテムもたくさんあります。

また、リフレクターをつけるのも効果的です。

月刊ランナーズ掲載の充電式ランマーカーは、車からの視認性がグッと高くなると人気です。

RUN-MARKER CHARGE(ランマーカー チャージ)《全6色》
created by Rinker

走り終えたら、ゆっくり入浴して疲れをほぐしましょう。

夜ランは、疲れ果てたらそのままバタンキューできるのも魅力です。

ランニング後はぐっすり眠れるので、朝をスッキリ迎えられます。

メリット

  • マイペースで走られる!
  • ぐっすり眠れる!
  • 走ってる姿を見られにくい!

デメリット

  • 交通量の多い道は危険

まとめ

「朝ラン」「昼ラン」「夜ラン」のメリット・デメリットをまとめました。

「どのランがおすすめ?」

自分のライフスタイルにあったランが1番です。

それぞれに特徴や注意すべき点があります。

朝ランであれば、水分補給とストレッチをしっかりと行うこと!

昼ランであれば、タイムマネジメントをしっかりとして走ること!

夜ランであれば、リフレクター等をつけて安全に走ること!

できることなら、走るタイミングはルーティン化することをおすすめします。

「週末に朝ラン」

「仕事の合間に昼ラン」

「2日に1回夜ラン」

など、走り方は人それぞれ。

ルーティン化することで、継続しやすくなります。

カラダも慣れてくるので、徐々に距離を伸ばしたり、ペースを上げたりすることが可能です。

健康的に走り出しましょう!

最新情報をチェックしよう!