楽天証券の口座開設の流れ・手順を画像付きでわかりやすく解説します

ネット証券で人気の高い楽天証券。

手数料や取扱銘柄は業界トップクラス水準。

トレードに使うスマホアプリ「iSPEED(アイスピード)」も高機能で使いやすく好評です。

さらに楽天ポイントで投資ができたり、楽天銀行と連携(マネーブリッジ)できたりと何かと使い勝手がいい楽天証券。

この記事では

「楽天証券の口座開設ってどうやればいいの?」

という疑問を解決します。

楽天証券の口座開設は楽天会員でなくても開設可能です。

楽天会員であれば名前や住所入力の手間を省くことができるので手続きも楽チンです。

楽天証券の口座開設の流れ・手順を24枚の画像付きでまとめました。

楽天証券の口座開設手順

楽天証券の口座開設について画像付きで解説します。

パソコン習熟度や楽天会員の有無にもよりますが、5~10分で口座開設申し込みできます。

それでは早速手続きをすすめましょう。

①楽天証券トップページへアクセス

楽天証券トップページから「口座開設」をクリックします。

最初に

  • 楽天会員の方
  • 楽天会員ではない方

どちらかを選択します。

楽天会員でなくても口座開設できますのでご安心を。

楽天会員の方は楽天にログインします。

個人情報保護方針に同意の上、メールアドレスを入力してメール送信します。

すると、指定したメールアドレスに本登録用のURLが送信されてきます。

▼メール本文

URLの有効期限は7日間です。

「さぁ、これから楽天証券の口座開設するぜ!」

って気持ちが高ぶってるので問題ないとは思いますが、メールが届いたら速やかに申込手続きを行いましょう。

たったこれだけで手続きの10%が完了(残り90%)です。

②本人確認書類の提出

次に、本人確認書類をオンラインで提出します。

本人確認は

運転免許証
個人番号カード

のどちらかを選択します。

運転免許証や個人番号カード以外でも

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(日本)
  • 在留カード/特別永住証明書

で本人確認できます。

いずれも写真をアップロードして提出します。

個人的には運転免許証で本人確認が楽チンだと思います。

QRコードを読み取るとその後の手続きはスマホで行うことになります。

今回はパソコンから提出する場合で解説しますが、手続き内容はスマホからの手続きと同じです。

パソコンから提出する場合は、最下段の

「パソコンから提出したい方はこちら」

をクリックします。

次に本人確認書類をアップロードします。

表面・裏面を撮影した写真をアップロードします。

アップロードしたら本人確認書類を提出します。

ここまでで手続きの40%が完了です!

③基本情報の入力

次に、基本情報を入力します。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

上述のとおり、楽天会員であれば自動入力されるので手間が省けます。

納税方法の選択

売買取引等で利益が発生した場合には納税が必要となります。

「特定口座開設する源泉徴収あり」を選択すると、納税までを楽天証券が自動的に行ってくれるので確定申告が不要です。

ちなみに特定口座とは、投資家の納税手続きの負担を減らすため、証券会社が投資家に代わって年間の損益を取りまとめてくれる口座のことです。

基本的には特定口座開設・源泉徴収ありでいいと思います。

NISA口座の選択

NISA口座を開設するかしないかを選択します。

NISA口座は「つみたてNISA」or「NISA」を選択します。

NISA口座は金融機関のなかで1つしか開設できませんのでご注意を。

追加サービスの選択

楽天証券の口座開設と同時に追加サービスを申し込めます。

  • 楽天銀行口座
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)
  • 楽天FX口座
  • 信用取引口座

があります。

楽天銀行口座を同時に開設しておくとマネーブリッジ(楽天証券の買い注文時に楽天銀行の預金残高から不足資金を自動入金してくれる機能)が使えて便利です。

いずれも後からでも申し込めるので、判断に迷う場合は「申込まない」でいいと思います。

全て入力したら「内容確認」へ進みます。

お客様情報(登録情報)の確認を行います。

情報が正しければ「重要書類への同意」へ進みます。

ここまでで残り20%です。

あと少し!頑張りましょう!

④重要書類の確認・同意

次に、重要書類への同意をします。

電子交付等に関するご説明

総合証券取引約款

個人情報保護方針

反社会的勢力でないことの確約に関する同意について

楽天グループへの情報提供に関する同意書

どれも取引に関する重要な書類です。

必ず読んで理解しましょう。

内容が理解できたら同意のうえ口座開設を申し込みます。

これで楽天証券の口座開設申し込みは完了です。

総合口座のログイン情報は後日書留郵便で郵送されてきます。

▼メール画面

楽天銀行などの追加サービスを申し込んだ場合は続いて手続きが可能です。

まとめ

楽天証券の口座開設を画像付きでまとめました。

楽天証券の口座開設はとても簡単。

インターネット上で口座開設に手続きが完結します。

申請用紙(紙)に記入するとか手間ですもんね。

楽天会員なら基本情報が登録済みなので、なお簡単です。

手続きにかかる時間は5~10分です。

ただし、口座開設申請後に審査がありますので、実際に使えるのは口座開設申請から数日後になります。

審査が無事通過したら楽天証券からログインID等の情報が郵送されてきます。

無事審査が通って口座開設できたら早速投資してみましょう。

それではステキな投資ライフを!

最新情報をチェックしよう!