【株式投資成績報告】年利目標達成が厳しい状況(2021年11月)

2021年11月は先月比マイナス18,400円。

毎月毎月ダラダラと下げ続けています。

2021年1月のスタート時点から-660,000円という状況。

年利40%目標はいよいよ厳しくなってきました。

今年は飛躍の年にしたかったのですが、そううまくはいきませんね。

きっと神様が試練を与えているのでしょう。

ここを乗り越えればさらに成長できるはず。

ピンチを乗り越えるにあたり、着実に種まきをしています。

2021年の目標「年利40%達成」に向けて、あと残り1ヶ月でどれだけ挽回できるか。

2021年11月の株式投資について振り返ります。

Sponsored Link

日経平均株価は低調

日経平均株価は2021年11月前半は2万9000円台をキープしていましたが、月末にかけて失速。

2021年11月30日の終値は2万7821円76銭をつけました。

世界で新型コロナウイルスの変異株(オミクロン株)の感染が広がりを見せました。

その影響を受けて景気回復が鈍化する!との懸念から大幅に売り込まれた感じです。

11月に入って新型コロナウイルスの新規感染者数が減ってきて、いよいよ経済回復の兆しが見え始めたところで、また新たな変異株が出現。

なかなか収束しないですね。

この新たな変異株(オミクロン株)が感染力が強いのか。

感染の広がりを見せて経済に影響を与えるようだと株価もさらに下がりそう。

3回目のワクチン接種の動きも含めて、今後の動向にも注目していきたいと思います。

2021年11月のポートフォリオ

2021年11月時点での保有銘柄は

  • イオン(8267)
  • RIZAPグループ(2928)
  • チェンジ(3962)
  • ニューラルポケット(4056)
  • カラダノート(4014)
  • ビザスク(4490)

の6銘柄。

2021年11月にポートフォリオを一部変更!

11月に新たに1つ保有株を増やしました。

その銘柄はビザスク(4490)

実はビザスクは以前に保有したことのある銘柄。

資金確保のため、やむを得ず一度手放ましたが、その後もずっと気になっていた銘柄。

端羽英子CEOの手腕に魅力を感じていて、きっと大きなことをやると期待を持っていたのです。

そんな中、2021年8月18日にアメリカ大手のコールマン社を約100億円で買収すると発表がありました。

きたっーーーーー!

と思いましたが、その時には保有しておらず・・・。

とても悔みました。

株式投資の格言に

銘柄に惚れるな

とあります。

恋は盲目なんて言いますよね。

夢中になりすぎて理性を失って冷静な判断ができなくなることだと理解しています。

でも、ビザスクに関しては違います。

今のところ客観的に冷静に分析できていると思います。

きっと近い将来に花が咲く銘柄になるはず。

そんな予感がしています。

ニューラルポケットが下方修正

2021年11月12日にニューラルポケットの第3四半期の決算発表がありました。

なんと下方修正・・・。

従来予想の3億7000万円から1100万円に97.0%の下方修正。

92.6%の減益の見通しを発表。

理由は事業モデルの転換。

フィーベースからユニットベースへ転換するため、フィーベース案件を一部見送ったため減益になると。

第2四半期の決算発表時には下期偏重だと言ってたから、株主としてはちょっと裏切られた形となってしまいました。

下期偏重を期待していただけに残念ではありますが、中長期でみれば期待はまだできると判断。

決算発表翌日にはストップ安になりましたが、保有継続を決断しました。

まとめ

2021年11月度の株式運用成績を振り返りました。

ニューラルポケットの決算発表で下方修正となり、保有株価としては先月比でさらに下落。

一時的にヘコみましたが、悲観的になってはいません。

ピンチはチャンス。

ニューラルポケットの事業モデルの転換は飛躍の期待でもあります。

さらに11月にはビザスクを新たに保有!

割高感は否めませんが、こちらも中長期的にみて期待大の銘柄です。

年利40%はかなり厳しい状況ではありますが、先を見据えて投資をしていきたいと思います。

今年も残すところあと1ヶ月。

ベストを尽くすぜ!

I wish you much success!!

Sponsored Link
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!