【株式投資成績報告】保有株価が下げ止まらず(2021年10月)

2021年10月は先月比マイナス20,000円。

先月でようやく保有株の株価が下げ止まったかと思いきや、若干の下げ。

大暴落ではないので、このあたりが今年であることを願いたい今日この頃。

保有ポートフォリオは8月からずっと変更なし。

あとは上昇を待つのみ。

今年も残すところあと2ヶ月。

2021年の目標「年利40%達成」に向けてどこまで挽回できるか!

2021年10月の株式投資について振り返ります。

Sponsored Link

日経平均株価は低調

日経平均株価は2021年9月半ばに3万円オーバーした後、10月初旬にまた下落。

2021年10月6日には8月23日(2万7494円24銭)以来の安値2万7528円87銭をつけました。

原油高で米長期金利が上昇傾向にあります。

米長期金利の上昇を受けて日本株は成長(グロース)株などが売られて日経平均株価が下がりました。

その後は少しずつ戻り基調。

10月29日の日経平均株価は2万8892円69銭で終えました。

新型コロナウイルスの感染者数の減少傾向が続いています。

第6波が来るのか、それとも収束に向かうのか。

株価にも大きく影響するので、今後の動向にも注目していきたいと思います。

2021年10月のポートフォリオ

保有している日本株のポートフォリオは変更なし。

2021年10月時点での保有銘柄は

  • イオン(8267)
  • RIZAPグループ(2928)
  • チェンジ(3962)
  • ニューラルポケット(4056)
  • カラダノート(4014)

の5銘柄。

不動のラインナップとなりつつあります。

チェンジ(3962)とニューラルポケット(4056)は来月中旬に決算発表を控えています。

ニューラルポケットは前回決算発表時に大きく下げました。

決算跨ぎは心配ですが、ここを乗り越えれば明るい未来が待っているはず。

期待を込めて乗り切りたいと思います。

まとめ

2021年10月度の株式運用成績を振り返りました。

2021年6月から暴落した保有銘柄の株価が底値をつけた感じ。

来月は保有株2銘柄(チェンジ・ニューラルポケット)の決算が控えています。

今のところ両銘柄とも決算を持ち越す予定です。

短期的に下がるかもしれませんが、中長期的に投資をしているので問題ナシ!

2021年の年利40%を必ずや達成して見せるぜ!

I wish you much success!!

Sponsored Link
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!