パナソニックの配当金はいつ?2019年度の利回り最新情報をまとめ

「パナソニックの配当金はいつ入るの?」

「配当金はいくらなの?」

という疑問にお答えします。

パナソニックの配当金が実際に手元に入ってくるのは、

中間配当が11月末頃、期末配当が5月末頃

の予定です。

つまり、権利確定日(9月末・3月末)から2~3ヶ月後です。

配当金の額は、半期ごとに予想が出て、決算後に金額が確定します。

パナソニックの2020年3月期(2019年度)の中間配当は15円となりました。

期末配当は現時点では未定。

第3四半期報告書が出る2020年2月頃に期末配当予想が出ると思います。

パナソニックの2020年3月期(2019年度)の配当利回りなど最新情報をまとめました。

パナソニックの配当金はいつ入る?

「パナソニックの株を買ったけど配当金はいつ入るの?」

と楽しみにしている方もいると思います。

大手株は高配当なので楽しみも倍増です。

パナソニックの配当の権利確定月は9月と3月。

とすれば、翌月の10月・4月には配当金が入る!?

と思いがちですが、もう少し時間がかかります。

中間決算が11月頃、本決算が5月頃に行われ、その決算説明会後に配当金額が決定します。

決算状況を見て、

「○○円の利益が出たから、株主に配当○○円を還元しよう!」

あるいは

「今期は●●円の減益だから、配当金は●●円に減らそう・・・」

と決まるのです。

実際に手元に配当金が入るのは権利確定日から2~3ヶ月後となります。

配当金計算書が届くのは、中間配当が11月末頃、期末配当が5月末頃予定です。

関連記事

2019年5月、イオン株の期末の配当金支払いに関するお知らせが届きました。 期末配当は1株当たり17円。 NISAで100株保有しているので、1,700円ゲット! 配当利回りは1.7%でした。 たかが1,7[…]

関連記事

2019年11月、イオン株の配当金計算書と第95期中間報告書が届きました。 中間配当は1株当たり18円。 NISAで200株保有しているので、3,600円ゲットしました。 2019年11月1日の株価(2,167円)[…]

パナソニックの配当金状況

パナソニックの過去5年の配当金状況をまとめてみました。

中間配当期末配当年間合計
2016年3月期8円10円18円
2017年3月期10円15円25円
2018年3月期10円20円30円
2019年3月期15円15円30円
2020年3月期15円未定??

パナソニックは毎年中間・期末に配当金を出しています。

少しずつですが、配当金はアップしてきています。

ですが、不安材料もあります。

今期の中間累計では前期比で減益となっています。

第113期 中間報告書を読み解き

パナソニックの第113期中間報告書を読み解いてみました。

パナソニックの財務状況をまとめました。

(単位:億円)

2017年度2018年度2019年度
(中間実績)
2019年度
(年間予想)
売上高79,82280,02738,44477,000
営業利益3,8054,11514033,000
当期純利益2,3602,8411,0092,000

昨年、一昨年と比べると売上高・営業利益・当期純利益すべてが減益傾向。

年間予想も前年度を下回る予想が出ています。

売上高が

79,000億円 ⇒ 77,000億円

と▲2,000億円の下方修正が出ました。

うーん、なんだか雲行きが怪しい業績です。

セグメント別業績

セグメント別の業績状況をまとめました。

(単位:億円)

売上高営業利益前年同月比利益率
アプライアンス13,75852998%3.8%
ライフソリューションズ9,932411104%4.1%
コネクティッド
ソリューションズ
5,18636394%7.0%
オートモーティブ7,472▲227103%▲3.0%
インダストリアル
ソリューションズ
6,57916490%2.5%

見ると「オートモーティブ事業」が減益。

それ以外は利益は出ていますが、前年比マイナスで推移しています。

さらに事業別に深堀りしてみました。

アプライアンス

アプライアンスはわかりやすく言うと家電製品。

アプライアンスは、営業利益、営業利益とも増益となりました。

ルームエアコンがアジア・欧州で堅調に推移して、さらに大型空調が日本で伸長したとのこと。

洗濯機、冷蔵庫、美容家電等の白物家電は好調を維持。

テレビは日本では好調でしたが、欧州ではイマイチといったところのようです。

トータル的には増収増益です。

残念ながら前年比はマイナスです。

ライフソリューションズ

ライフソリューションズは主にハウジング事業で、それに付随する建材や分電盤などの商材販売もココに入ります。

ライフソリューションズは増収増益。

全てにおいて堅調に推移しているようです。

前年比プラスです。

コネクティッドソリューションズ

コネクティッドソリューションズは、プロジェクターや業務用カメラ、パソコンなどの事業。

コネクティッドソリューションズ全体では、減収減益。

Windows7サポート終了に伴う買い替え需要の拡大で、パソコン事業は好調に推移しました。

ですが、プロジェクターや業務用カメラがあまり伸びなかったようです。

前年比マイナスです。

オートモーティブ

オートモーティブは、車載機器及び車載電池事業。

車載機器は、中国自動車市場の悪化に加えて、開発費が膨れ上がって減益。

車載電池は、 売上高は、角形・円筒形ともに増産投資効果によって増収とのこと。

利益は出ていませんが、前年比はプラスです。

インダストリアルソリューションズ

インダストリアルソリューションズは主に電子デバイス事業です。

中国の設備投資需要の低迷等を受けて、 FAセンサ、モータが苦戦。

さらに、小型二次電池の減販。

中国の自動車市況低迷により、コンデンサ等の販売も落ち込んでいます。

市場としては厳しい状況で、前年比マイナスとなっています。

パナソニックの配当利回り

パナソニックの配当利回りはどれくらいなのでしょうか。

配当利回りの計算式は

配当利回り(%)= 1株当たりの年間配当金額 ÷ 1株購入価額 × 100

となります。

2020年3月期 (2019年度) の中間配当は15円。

期末配当は現時点では「未定」となっています。

仮に期末配当も15円だとして、

2019年11月1日時点での株価(980.8円)で計算すると

30 ÷ 980.8 × 100 = 3.05%

よって、配当利回りは3.05%となります。

大手株だけあって、配当利回りはなかなかイイと思います。

まとめ

2020年3月期(2019年度)の配当金は、中間配当が15円と決まりました。

期末配当も15円だとすると、配当利回りは3.05%です。

手元に配当金が入るのは、中間が11月末頃、期末が5月末頃の予定です。

配当金をもらいたいのであれば、必ず権利確定日に株を保有できているように、計画的に購入しましょう。

配当が入るのは、権利確定から少し時間がかかるので、待ち遠しい感はありますが楽しみに待ちましょう。

最新情報をチェックしよう!